サーフィンというのは他のスポーツと違って、自然を相手にしている以上、いつでもできるものじゃありません。

風を読んで潮の満ち引きチェックし、うねりの向きと地形を考えて、その中で、自分が置かれた状況から(大抵、朝だとは思いますが)出来るだけベストな時間と場所を選びます。

だもんで、人によってはサーフィンに支障が出ないような仕事を選んだり、または、週末だけと割り切ってそれぞれのサーフィンライフをエンジョイしています。

 

でも、もし、そういう限定されたシチュエーションが解除されたとしたらどうでしょう?

サーフィンライフのクオリティが一気に上がるのは目に見えてますね。

サーファーこそネットビジネスを学ぶべき

僕はサーフィンライフのクオリティを上げるために、サーファーこそネットビジネスを学ぶべきだと考えています。

数あるビジネスの中でも、ネットビジネスが『自由』というものに限りなく近いからです。

一般的に「怪しい」と思われがちなネットビジネスですが、今、ネットビジネスが時代的にどういった立ち位置にいるのかということも含めて、ネットビジネスの中でも特に自由度が高い『情報発信ビジネス』について解説していきます。

ネットビジネスにおける7つのメリット

ネットビジネスほど効率的で、かつ爆発的に利益を生み出せるビジネスモデルはありません。しかも、初期投資はほぼ0(ゼロ)で、ビジネス未経験者でも取り組めます。

 

でもです、まあ、そうは言っても「誰でもすぐに簡単に稼げる」というわけではありません。

巷には『副業高収入』『一日たったの15分の労働で月100万円』と言った射幸心を煽るような広告があふれていますが、あれはウソです。

スタートアップ段階では、当然、ある程度のハードルはあります。でも、そのハードルというのが、その他のビジネスに比べて圧倒的に低いんですよ。

 

ネットビジネスってメリットだらけなんですが、とりあえず、7つに絞りました。

絞るのけっこう苦戦しました。苦笑

 

① レバレッジが効く

② 常識外れの利益率

③ 資産構築型のビジネスモデル(コツコツ型)

④ 未来の時間が増えていく

⑤ 自己成長のスピードが異常

⑥ PCもしくはスマホ1台で完結

⑦ 人間関係のストレスが限りなくゼロに近い

 

順番に解説します。

① レバレッジが効く

これこそがネットビジネスの最大の利点です。

 

レバレッジって『テコの原理』という意味なんですけど、

『一度の発信で膨大な数の人にリーチできる』

ってことです。

 

たとえば、会社勤めの営業マンが1日に訪問して営業できる数って限られてます。どんなにがんばっても数社が限度ですよね?

これがネットを使えば、同時に、1000人、5000人、10000万人の人に瞬時にリーチすることができるんです。

ということは、あなたが一年間で1万円の価値を生み出して、それを1000人の人に届けることができれば、それだけで『1000万円』ですよね。

 

これ、断言できますが、年間1万円の価値を生み出せない人なんかいません。

② 常識外れの利益率

こういう話をすると、

「いやいや自分にそんな価値なんか生み出せない」

って言う人、たまにいるんですけど、そもそも価値を生み出せない人なんていません。

 

あなたは、自分の日々の労働がどれほどの『価値』を生み出しているか知ってますか?

日本人の平均年収ってだいたい400万円ちょっとなんですけど、会社勤めの場合、個人が一年間に生み出している価値の総額ってこれよりはるかに大きいんです。その生み出した価値が、営業や財務、投資といったキャッシュフローを経て、最終的に手元に戻ってくるのが400万円です。

手元に戻ってくる金額の数倍という額が組織の維持循環のために使われているんです。

しかも、労働対価と比較して労働時間や、それにまつわるストレスが日本の場合大きすぎるし、QOL激落ちな感も否めません。

 

でもですよ、ネットビジネスの場合、この最初に生み出した価値の総額が仮に1000万円だとすると、1000万円という金額がほぼ丸ごとあなたの手元に戻って来るんです。

ネットビジネスの利益率は信じられないレベルです。

③ 資産構築型のビジネスモデル

一度発信した情報コンテンツというのは『情報資産』として残ります。資産とは言っても『情報』なので、かさばることもなければ劣化もしません。

これが、情報発信が時代のマッチしている理由です。

 

例えば、あなたが今こうして読んでくれているブログも、僕が生み出した情報コンテンツです。

生み出す時はかなりのエネルギーを注ぐ必要がありますが、一度、手を離れてしまえば、ネット上で僕の分身として忠実に働いてくれます。

④ 未来の時間が増えていく

情報資産が増えることで、僕は未来でまた同じ仕事をする必要がなくなります。この記事だって、未来で何度も同じものを作る必要はないんです。

ということは、未来で本来仕事をしているはずだった時間が空きますよね?

自由な時間が生み出せたわけです。

その時間を使って、また新しいコンテンツを作ってネット上にアップすれば、そのコンテンツも同じように情報空間で24時間休むことなく働いてくれます。人間と違って疲れ知らずです。

 

現実社会では、毎日のルーティーンとして同じ仕事の繰り返しって多いですが、情報発信ではそんな非生産的なことを繰り返す必要はないんです。

ものすごくクリエイティブな生き方だとは思いませんか?

情報発信とは未来の仕事を先取りできるビジネスモデルです。しかも、先取りすればするほど未来で自由な時間が増えていく、というマジックが起こります。

【時間】と【お金】を同時に生み出すことができるビジネスモデルだということですね。

⑤ 自己成長のスピードが異常

これ、僕としてはすごく大きなポイントです。

情報ビジネスに本気で取り組むと、思考の抽象度がグイグイ上がっていきます。

そもそも、『情報』という概念自体が抽象度が高いんですが、それに加えて、日々の情報のインプットアウトプットのサイクルが早まるので、頭の中が耕されて急速に視点が上がっていくのです。

ネットビジネスに本気で取り組めば、通常の数倍速で賢くなっていくし、視点がどんどん上がっていくので、それまで見えなかったものが見えるようになってきます。

ネットビジネスに限らず、あらゆるビジネスの本質は『人間理解』だと僕は思うのですが、情報発信という世界にどっぷり浸かることで、人間理解が急速に深まっていきます。

⑥ PCもしくはスマホ1台で完結 

これは説明するまでもないですね。

トリップ先で朝一サーフィン、昼寝から一仕事して、夕暮れ前にもう一ラウンドってことも可能になってきます。

⑦ 人間関係のストレスが限りなくゼロに近い

一人で完結できるというのは、人付き合いが得意じゃない人には朗報かもですね。w

とは言っても、JVやセミナー、いろいろ企画して人と会ったりも、もちろんできます。ネットビジネスの自由度は、かなり規格外です。

 

しかも、情報発信ビジネスにおいては、自分と価値観が合う人とだけ関係を築いていくことができます。もともと、自分の趣味や考え方を発信して、その情報をもとに集まってきた人たちです。

僕も経験があるんですが、先にネット上で大前提としての価値観が共有されているので、会ったその日から話が盛り上がるなんてことも、かなりの確率であり得ます。

 

 

と、まあ、こんな感じです。

本当はもっとたくさん挙げることはできますが、長くなりすぎてペラサイトのようになりそうなので、メリットについてはこの辺で。

デメリットは・・・

強いて挙げるなら、周りからに怪しいことをやっていると思われる(かもしれない)と言うことでしょうか。

まあ、これは世間の認識が時代の流れに追いついていないだけなので、そんなに気にすることでもないと思いますね。

このことについて事項で解説します。

「ネットビジネス=怪しい」という構図はもはやオワコン

あなたは、そもそもネットビジネスに対してどんなイメージを持ってますか?

僕は最初、ネットビジネスって聞いた時、正直、『怪しい』を通り越して『詐欺師』ぐらいに思ってました。世間一般の認識も大体同じなんじゃないかと感じてます。

 

でも、ちょっと周りを見渡してみてください。今、すごい勢いで働き方というものが変わりつつあるのがわかりますか?

TVを主戦場にしていた有名人や、政治家までもが次々とYouTube に参入してきてます。彼らは、「これからは個人で稼ぐ時代」であることに気づきだしたわけです。

 

これからの時代、ネットビジネスについて知ろうとすることなしに、ただ怪しいものとして突き離すのは、未来の可能性を小さくする、言ってみれば、『豊かさへの機会損失』に他なりません。

 

今後ますます、あらゆるビジネスがインターネットに紐づけられてきます。下手すりゃ、おじいちゃんおばあちゃんですらフェイスブックやインスタのアカウントを持っている時代ですから。

【ネットビジネス=怪しい】という考えは、今この瞬間に、くしゃっと丸めてゴミ箱に捨てちゃってください。

たとえばアフィリエイトは怪しいのか

これまた、あんまり世間でのイメージはよくないみたいです。

でも、ぶっちゃけ、アフィリエイトに対してネガティブなイメージを持っている人たちって、情報弱者として生きていく可能性が極めて高いですね。

『アフィリエイト』というのは、ここ10年ちょいの間に浸透してきたビジネスモデルなんですが、それが今、どういうポジションに立っているのかある法則を用いて考えてみましょう。

アフィリエイトは未来型代理店業

『弁証法』ってご存知ですか?

これ、ものごとは螺旋階段を登るように発展する、という考え方です。

螺旋階段を上る人って、横から見ると上に登って行きながら発展してるように見えるけれど、上から見ると一周して元の位置に戻って来てますよね。

 

これが何を意味するのかというと、

『古く懐かしい世界観というものは新しい価値を乗せて復活してくる』

ということなんです。

たとえば、楽天など、品揃えが豊富なECサイトの原型はコンビニやショッピングモールだし、更に昔は何でも取り扱う『よろず屋』というものでした。また、ネットオークションというのは世界中の市場(いちば)にあった競り(せり)の発展型と言えますね。

で、アフィリエイトというのが代理店業や仲介業にあたるんです。

本屋や旅行代理店、その他のあらゆる仲介業は近い将来、インターネットの更なる拡大と共にもはや過去のものとなる可能性が高いです。

で、その復活版として新しいシステムに乗っかって『アフィリエイト』が息吹を上げようとしているんです。

ただ、アフィリエイトとは言っても、ただ商品を紹介するってだけじゃ誰も買ってくれません。それじゃあ、ただ商品を横流ししているだけですから。

 

たとえば、サイトアフィリなら、お役立ち情報が整理されたユーザビリティの高いサイトを作れば、そこに付加価値が乗っかって、そこから商品を購入する人が出てきます。

また、メルマガアフィリであなたが初心者向けのギターを紹介したいなら、メールで弾き方や練習の仕方を丁寧にレクチャーしたり、場合によっては音声や動画で解説をしたりすれば、お客さんにとって、あなたから購入する大きなメリットが生まれますよね。

これがアフィリエイターが生み出す『価値』なんです。

アフィリエイトって世間一般の認識とは裏腹に、かなり社会貢献度が高い仕事ですね。

ちなみに、ネットで何かを検索して上位に出てくる情報のほとんどは、アフィリエイターによって作られているって知ってました?

検索エンジンには9割方Google のアルゴリズムが使われているので、ユーザーにとって価値の高い情報しか上位に来ないようになっています。

こういった情報を検索エンジン経由で上位表示させるには、ものすごい労力と時間的コストがかかってるし、ユーザーにとって何が有益な情報なのかを徹底的に考え抜いて作成されてるんですよ。

それだけ情熱を注いで作られたサイトから、僕たちユーザーは日々、無料で必要な情報を入手しています。

さらに、こういったネット上の文字情報の70%以上はアフィリエイターによって作られているんです。

これに思いを巡らせてみると『アフィリエイター』に対する先入観や思い込みが解消されてきませんか?

ほとんどの人が、欲しい情報を得るために頻繁にお世話になってるはずなんで。

最後に:時代の波に乗ろう

世の中には、「努力は報われる」などといった聞こえの良い言葉が溢れていますが、努力というのは必ずしも報われるわけではありません。

間違った方向に歩いていくと間違った場所に着いてしまうように、間違った努力は望まない未来へと導きます。

根性論だけでやっていくなんて以ての外です。

時代の流れを読むことは鉄則です。

 

ダルビッシュ有選手のツイートです。

これ言い換えると、正しい努力をすれば確実に理想の未来へと近づく、ってことでもあります。

 

今時代、『正しい努力』の方法の一つが情報発信です。

なぜ『情報発信』が正しい方法なのか?

それは『情報発信』がこれからの時代に最適化されているからです。

 

IoTが進み、僕らは人工知能時代に足を踏み入れています。これから様々な職業がAI に置き換えられていくのは確実です。そんな中、AI の置き換えることができない仕事の一つが『情報発信者』なのです。

人間とAI の大きな違いはストーリー(物語)を持っているか否かです。自分という存在を上手にネット上で表現していくことができれば、それは何物にも変えることができないオンリーワンの価値になります。

 

「サーフィンさえできていればそれでいい」

という考え方は、

「サーフィンさえできていれば情弱でもいい」

と同じです。

 

あなたが気づいていようがいまいが、もうすでに情弱淘汰の情報戦国時代に入っています。

今、ネットビジネスに真剣に取り組んで、自分で自分の自由をデザインすることができるようになることは、僕らサーファーにとっての新しいライフスタイルになると感じてます。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事